ハウススタジオのようなお家ができました

ギャラリー

※画像をクリックすると次の画像が表示されます

  • お庭の植物と馴染む、グリーンのサイディングを初めて採用したColho。青空にもさわやかに映えるカラーです。

  • 吹抜けを活用したシアターペース。プロジェクターとスピーカーが一体となった照明で、臨場感が抜群!

  • 約4帖もある大開口の吹抜けで、昼間でも明るく開放的なリビングダイニング。

  • 9帖のゆったりとした寝室。たっぷり設けたクローゼットのおかげで、収納家具を置かずに済みました。

  • レンガ調のクロスと木目でぬくもりを感じるキッチンに。

設計の打ち合わせも、建物の建築中も、とにかく楽しい時間を過ごすことができました!

マイホームを考え始めたきっかけは?

奥様:自宅近くにColhoのモデルハウスが建って、一目惚れしました。素敵なお家が近所に出来たので、そこから家づくりを考え始めました。あとは主人がローンを組む年齢のこともあって。

それと私、えすてーにゃが大好きで、チラシがいつもかわいいなって思っていて、エステージはずっと気になっていました。チラシにこの街で建てた時の月々の支払い参考例が載っていたので、現実的に考えやすかったです。

エステージにしようと思った決め手は何ですか?

―決め手は人…家を買うきっかけをいただきました―

 

●エステージにしようと思った決め手は何でしたか?

ご主人様:決め手はほんとお世辞無しに、担当してくださった営業の中山さんなんですよ。

実は、僕の夢がログハウスを建てることで、建物だけで言ったら9割他社が良かったんです。もし、中山さんがその会社にいたら、そこに決めていました。笑

最初はこういう家を建てたいというよりは、中山さんきっかけで家を買うということが決まった感じです。

でも、ログハウスを建ててギリギリの生活を送るよりも、ちょっと金銭的な余裕も出て旅行とかも行けますし、ローコスト住宅にして良かったです。

 

  • ●ハウスメーカー選びで重視したポイントは?

ご主人様:もう人間関係、それだけですね。中山さんはこちらが返事しないにも関わらず、定期的に見学会の案内をいただいたり、ずっと繋がっていてくださったので、買うなら中山さんからだなって思っていました。

奥様:毎回手紙が手書きだったんですよ。それも嬉しかったですね。

 

  • ●Colhoを選ばれた理由は?

奥様:近所で実物を見ていたというのもありますし、Colhoのやさしいイメージが好きでした。

ご主人様:2人とも満場一致でColhoでした。

建築計画は、どのような経緯で進めていかれましたか?

―断念した二世帯住宅。家づくりは振り出しに戻るはずが…―

 

●家づくりはどのように進めていかれましたか?

ご主人様:家の斜め前が実家なんですけど、そこを取り壊して二世帯住宅を建てようというのが当初の計画でした。

そこで設計イメージを作成していただいていたんですけど、すごく大きい建物になってしまって。

法律上問題ないんですけど、洗濯物が影になったりしたら、昔からお世話になっているご近所の皆さんに対して申し訳なくて…。

母や妻は二世帯住宅に賛成してくれていたんですけど、断念することにしたんです。

お電話で「二世帯を断念して、実家の近くで土地を探そうと思います」と伝えたら、たまたま斜め前のここがエステージの売地だったんです!本当に青天の霹靂で。

その後すぐ中山さんから「建物は二世帯住宅よりもコンパクトで済むので、土地代を含めたとしても料金的にそんなに変わらないですよ。今見積り書作って持っていきます!」って連絡がきて。

奥様:もう早いんですよ、本当に。笑

ご主人様:本当その日です。中山さんがいらっしゃって、改めてここ場所での設計イメージを提案していただきました。

そこでビビっときて、「ちょっと待ってください、やっぱり買います!」って。

そのまま仕事中の妻に電話して、「ごめん、斜め前の土地を買って、家を建てていい?」って話して。笑

奥様:断ると思っていたのに、急に連絡がきて。笑

ご主人様:そうしたら、「いいよ!」って言ってくれて。気が付いたら、中山さんと固い握手を交わしていました。笑

 

  • ●この距離なので、ご実家とお互いに安心ですね。

ご主人様:実は母は、亡くなった父との思い出が詰まった家を取り壊すのには、ちょっと抵抗があったみたいで…今となってはベストな形に収まったなと。

奥様:この間の台風の時も、近いからお互いに助け合ったりできて良かったです。

 

▲ドラマティックな経緯に、インタビュアーも涙ぐむ一面も

住まいづくりでこだわった点は?

奥様:父が絵描きなので、その父の絵を飾るスペースですね。

飾るとしても絵をポンって掛けるくらいで考えていたんですけど、設計士の大津さんからの「一面に絵を飾れるようにするのはどうですか?」という提案でこのスペースを作ることになったので、1番想いが強いですね。

壁の中に下地も入れていただいたので、全部釘でしっかり留めています。

ご主人様:大津さんの大ファインプレーだよね!笑 ここにはいっぱい絵を飾りたかったので、妻に「フレーム100個買ってきて!」って頼みました。

奥様:それと、絵に対してもちゃんとスポットライトをつけました。小さなところですけど、こだわった部分です。何cm単位で考えました。笑

 

▲ギャラリースペースには奥様のお父様の絵がずらり。空いているフレームは、「長生きしてね」というご夫妻からのメッセージ。

 

  • ●家づくりで何を参考にされましたか?

奥様:Instagramで、『#新築』 『#LIXIL』 『#シャビー』をよく調べて見ていました。

こだわりがないので、「1つのテイストに絞った方がラクだよね」っていうことで、「白×シャビー」というテーマだけで、いろんなインテリアを購入しました。

家の建具を決めるときも、テーマに当てはまるモノを選んでいました。

あと、父の絵を飾りたいという想いがあったので、美術館で絵の飾り方を参考にしました。

ご主人様:僕はハウススタジオ(※一軒家の撮影スタジオ)を参考にしました。

絵を飾るために家っぽくなくて、スタジオやカフェ、美術館のような家にしたいと思って。

全部真っ白にするのと、あまり家具を置かずに生活感を出さないようにして。

あとは、窓枠や建具をナチュラルな木目にするだけで雰囲気が出るので、建具にオプション費用をかけました。

 

▲「白×シャビー」でまとめられたインテリア。照明もひとつひとつ丁寧に配置。

実際に建てられたお家で、暮らしてみたご感想は?

奥様:主人がそういう風に考えてくれたんですけど、思っていた以上に素敵なお家になりました。

“家”に帰ってきたんだなっていう実感が毎日あります。あとは、家事がしやすくなりました。

ご主人様:見た目ももちろん、先日の台風の時も本当に静かで、外が大変なことにも気づかないぐらいで、安心して過ごすことができました。

 

▲シアタースペースでくつろぎの時間。広いスペースを活かし、今後はヨガにもチャレンジされるそう。

 

  • ●営業担当:中山やスタッフの印象はどうでしたか?

ご主人様:僕自身、結構人見知りで。考えたことを伝えるのは、中山さんにだけでいいと思っていたんです。

そうしたらたくさんの人と打ち合わせすると知って…また1から人間関係を作るのが不安だったんです。

打ち合わせに行くまでは、設計士さんにいろいろ言われるのかなって緊張していたんですけど、行ってみたら設計士の大津さんが柔らかい雰囲気で声をかけて下さって、全然緊張しなかったんですよ!

それで打ち合わせに行くのが、楽しみでしょうがなくなっちゃって。笑 このチームでお家を作れて良かったです!

奥様:インテリアコーディネーターの藤澤さんも、要望を伝えるとその場ですぐパース画像(3DCG画像)を作って見せてくださるので、レスポンスの速さに感動しました。

 

  • ●勝田台モデルハウスの印象は?

奥様:明るい雰囲気で、すぐ欲しい!って思いました。横にポコってCABINがついているので、オプション部分がわかりやすかったです。

リアルサイズなので実際に生活するイメージが出来て、「これは必要、これはうちにはいらないかな」ってすぐイメージすることができました。

これからお家を建てる方へメッセージを

―1つひとつ出来上がっていく家を体感できるのが、新築注文住宅の醍醐味―

 

●これからお家を建てられる方へメッセージをお願いします

奥様:やっぱり内装をすごく悩んでいて、テーマを決めてから考えやすくなったので、家のテーマをまず決めてから考えると悩まずに進めやすくなるかと思います。

 

ご主人様:もし可能であれば、今の自宅の近くに家を買うといいかなって思います。毎日行くと、家が出来ていく過程が見られるので、その経験がすごく大切な思い出になっています。建売分譲住宅だと、「新しいお家だ!」っていう1回だけじゃないですか、喜びが。新築注文住宅だと「やった!完成した!」だけでなく、「今日壁が増えた!階段が入った!」って感じで、毎日感動があるんです。自分の家を建てるって、こんなに素晴らしいんだなって、ぜひ体感していただきたいです。

奥様:大工さんともだんだん仲良くなって、家の作り方とかも教えてくださって、そういう職人さんの思いが詰まっているっていうのも嬉しいですね。大工さんと直接話せる機会も注文住宅じゃないとないので。

 

▲すべて手作りのお庭。露天風呂を意識し、お風呂からもオリーブの木が眺められるように配置。これからもお庭はどんどん進化し続けるそう。

 

▲グリーンのサイディングに合わせた玄関ドア。視線が気にならないように、位置にも配慮。

 

▲ゆったりとした玄関。自転車を置いても余裕の広さ。

 

▲やさしい笑顔が印象的なご夫妻と営業担当の中山

担当中山

S様ご夫婦

この度は新居のご完成、おめでとうございます!
そしてお忙しい中、インタビュー撮影にご協力頂きありがとうございました。

S様ご夫婦との出会いは遡ること約3年前、ご自宅近くのモデルハウス見学会の時でした。
モデルハウスの『Colho』を気に入って頂き、将来的に二世帯住宅を建てたいとご要望を伺い、お付き合いがスタートしました。

ご主人様のご実家に対しての想いを伺っておりましたので、「いつか」はわかりませんでしたが、定期的にイベントなどのご案内をさせて頂きました。
また、やり取りの中で何度も驚かされましたのが、ご主人様が丁寧に着色された手書きの間取りや立面図を作成され、ご提案いただいたことです。
(趣味の領域を超えて、プロ並みの発想とクオリティ―!)
そんな想いに応えられればとの気持ちで、お付き合いさせて頂きました。

インタビューにもありますように、決めてからはアッという間に土地契約からプラン打ち合わせ~建物完成と、S様ご夫婦担当の関連部署のすべての社員が楽しく、マイホームづくりのお手伝いをさせて頂きました。

オシャレなスリット階段から始まり、2階のシアタールーム、お庭に植えたオリーブにマッチングしたラスティーグリーンのアクセントサイディング等、ご夫婦のマイホームへの想いが至る所に見られます。
そんな素敵なお家がご実家の近くに完成し、ご満足そうなご夫婦の表情を見ると私も嬉しく思います!

これからも末永い、お付き合い宜しくお願い致します!

▲ページトップ