広くて明るいリビングのあるお家ができました

ギャラリー

※画像をクリックすると次の画像が表示されます

  • 庇の白がアクセントになっている、シックな黒LiPiA。CABINはリビングを最大限広く取れるように配置しました。

  • 約26帖のダイナミックな明るいリビングは、窓や柱の配置にこだわりました。

  • 寝室は癒しのグリーン系壁紙でまとめました。シングルベッド2台配置しても、まだまだベビーベッドも余裕で置ける広さ。

  • キッチン横には、可動棚収納を。側面は黒板になっており、家族が必ず目にする場所の掲示板に。

  • 階段下は猫ちゃんスペースに。小窓をつけて明るさを確保し、風の通り道を作りました。

ずっとマンションに住まいだったので、天井が高く、開放感のある家に住みたかったんです!

マイホームを考え始めたきっかけは?

―住まいに同じだけお金をかけるなら、自分たちの好きなように―

  •  
  • ●お家を建てようと思ったきっかけは?

奥様:2年ぐらい同棲をしていて、その時の家賃が月8万で、それだったら家建てた方がいいのかねっていうのがスタートでした。

  •  
  • ●注文住宅を選ばれた理由は?

ご主人様:友人からいろいろ話を聞いていて、マンションだとローンを払い終わった後も管理費とかがかかるので「うーん…」ってなって、建売住宅も建てた人もいたんですけど、注文住宅とあまり値段が変わらなかったって言っていたので、だったら自分たちで好きなように建てた方が良いんじゃないかって。

エステージにしようと思った決め手は何ですか?

  • ●モデルハウスにご来場いただいたきっかけは?

奥様:ポストに入っていたチラシを見て、「近くだね。行ってみる?」って言って、お互いの休みが合ったタイミングで。自宅からの近さが1番でした。

ご主人様:地元の会社だと、土地勘もあっていい土地を紹介してくれるんじゃないかって思って。このエリアに強い会社を探していたんです。

 

  • ●エステージを選んでいただいた決め手は何でしたか?

ご主人様:ローコストっていうのもあったし、LiPiAのシンプルなデザインが好みで。アクアフォーム(吹付断熱)やミライエ(制震ダンパー)とか、住宅設備も充実しているのも決め手でした。

奥様:何より、自分たちでカスタマイズできるというところが1番だと思います。

  •  
  • ●エステージ以外の会社を検討されていましたか?

奥様:いえ、全然行ってないんです。笑 エステージが初めてで、見た後も行ってないですね。

「他のところも見てみる?」って話はしてたんですけど、いろんなところを見すぎて、理想がどんどん膨らんでいくのもアレだねって。笑

 

  • ●モデルハウスの印象は?

奥様:一戸建ては三角屋根のイメージがあったので、「キューブ型のお家は斬新でいいね!」って話していました。

勝田台モデルに行った後、柏モデルにも行けたから、建物のボリュームや部屋のサイズ感がわかりやすかったです。

リアルサイズの部屋を見ていたので、入居後のインテリアの配置やサイズ感もイメージもしやすかったです。

建築計画は、どのような経緯で進めていかれましたか?

―お引渡し後、その先の生活を想像した土地探し―

 

  • ●土地探しで重視されたところは?

ご主人様:妻が車の免許を持っていないので、駅から徒歩20分圏内で、きれいに整形されている土地を探していました。

営業さんと一緒に、京成線沿線を結構幅広く探していて、ちょうどここが出ていたので決めました。

古屋があるところだと、解体費用などもかかってくるので、そこは避けました。

分譲地内でも高台にあるので、バルコニーからの眺めも良く、周りの家からの目線が気にならないです。

奥様:将来子どもが出来たときのために、小・中学校への通いやすさや、通学路近くに何があるかも考えました。

 

  • ●家づくりでは何を参考にしていましたか?

奥様:Instagramを結構見ていました。『#ニッチ』『#新築一戸建て』『#マイホーム』などのハッシュタグをよく見ていました。SNSを中心に、情報収集しました。

住まいづくりでこだわった点は?

―注文住宅だからこそ叶えられた、マイホームへの想い―

  •  
  • ●理想に描いていたお家を、エステージでどう実現できましたか?

奥様:私の個人的な思いなんですけど、ずっとマンション住まいだったので、吹き抜けがあって開放感のある家に住みたかったんです。なので、吹き抜けは絶対欲しかったんです。ダイニングの天井高の高い吹き抜けは大満足です!階段の手摺もアクリル板にしたので昼間はとても明るく、電気をつけなくても生活できます。

 

  • ●リビングがすごい広いですよね!

ご主人様:そんな実感あまりないですね。笑 元々田舎の実家が広いから。設計士さんと相談して、1番リビングを広く取れるように、CABINの位置を決めました。

 

●こだわりのポイントは?

奥様:階段下は猫のスペースに有効活用しています。猫のために小窓もつけて明るさを確保し、換気もできるようにしました。

壁のどこかに黒板シートは絶対採用したくて、キッチン横の壁紙を黒板シートにしていただきました。まだ何も描いてないんですけど。笑

あと、私がすごい収集癖があるので、コレクションを飾れるようなニッチを作りたかったんです!

 

▲キッチンカウンターにもニッチを設け、コレクションを飾れるように。

 

▲リビングにもニッチを。ニッチの中はクロスを変えてアクセントを。

実際に建てられたお家で、暮らしてみたご感想は?

ご主人様:すごくいいですね。嫌なところがない。笑 よく、「新築いいでしょ?」とか聞かれるんですけど、何も思わない…笑

逆に、良く言えば、それだけ違和感がなく帰れるお家なんです。普段通りに、新居だけど、そのまま入れる。ずっと住んでいたかのような感じで。

注文住宅で自分たちの好きなように作ったので、それだけ自分たちの生活に合った家になったのかなって。

 

  • ●以前の生活と比べて、1番変化したことは?

奥様:自由に使える場所がいろいろ増えたことによって、生活の質がちょっと上がりました。前は賃貸だったので、返すものって考えてしまっていたので。

 

  • ●新しいお家でチャレンジしたいことは?

奥様:庭の一部を土のままにしているので、家庭菜園などを楽しみたいです。

 

▲インタビュー中のI様ご夫妻。とてもリラックスした雰囲気でお話を伺うことができました。

これからお家を建てる方へメッセージを

ご主人様:遠慮しないことですかね。笑 自分たちの要望は、とりあえずダメ元でも言ってみた方が良いです。

 

  • ●営業担当やスタッフの印象はどうでしたか?

ご主人様:とにかく元気!良かったです、本当に。まめに連絡ももらえたんで。誕生日も一緒だし。笑

打ち合わせの時も、設計士さんと直接話せたことが1番印象的で、設計士さんはいろいろ経験されてきたので、さまざまな提案をして下さり、配置等に関しても聞いたことにしっかり返してくれるのでよかったです。

 

 

 

▲奥様念願の吹き抜け。大きなFIX窓で昼間は照明要らず。アクリル手摺で光がしっかり射し込みます。

 

▲担当営業とご家族の皆様

 

担当黒川

I様、この度は、新築誠におめでとうございます。

そしてお忙しい中、インタビューや撮影にご協力頂き誠にありがとうございます。
ポスティングチラシをご覧頂いて、勝田台のモデルハウスにご来場頂き、弊社のお家を気に入って頂きました。

そして、次は一番重要な土地探し。
「地元で土地勘もあり、エリアに強い会社」
とご主人様よりお褒めの言葉を頂きましたので、あらゆるネットワーク使って探させて頂きました。
ご案内した土地をその場で気に入って頂き、周辺環境を改めてご説明した上で家づくりがスタートしました。

間取りのお打ち合わせしていく中で、ご夫婦の要望が広がり、思いのこもったお2人だけの「LiPiA(リピア)」が出来上がりました。

完成後、何度かお家を拝見させて頂きました。
のびのびと暮らすネコちゃん、家の事を楽しそうにお話しているI 様ご夫妻の姿を見て、「本当に良かった!」と私も嬉しく思っております。

今後とも末永くお付き合いを宜しくお願い致します。

▲ページトップ