こだわりの

設備・仕様

Equipment specifications of Estage

最新設備が標準仕様

毎日の生活を豊かにする
エステージこだわりの設備をご用意いたしました。
家族の安心で快適な暮らしを叶えます。

01

構造・耐震・地盤調査

全棟地盤調査実施

“耐震性”と“耐久性”にこだわる
エステージの構造性能

日本を科学した木の家。
木造軸組工法(在来工法)

エステージは木の家づくりにこだわります。変化に富んだ日本の風土のなかで長年にわたり培われ、最も普及している木造軸組工法を採用。柱と梁によって構成されるこの建築工法は、2×4工法等と比較して壁配置の自由度が高く、風通しや採光に優れた自由度の高い設計を実現することが出来ます。また、建物にかかる地震力は建物の重量に比例するので、鉄骨造等と比べて軽い木造は、地震力の低減と、基礎や地盤にかかる力の低減にも効果を発揮します。

  • 制振ダンパー標準装備

    多くの住宅メーカーではオプション対応となることの多い“制振ダンパー”を、エステージは2階建て住宅で標準装備。地震時の揺れを吸収することで、家具転倒による事故を抑制。建物の損傷リスクも低減し、建物の耐久性が向上します。

    最高等級、耐震等級3相当

    エステージの家は一棟一棟、専用ソフトにより安全検証を行い、最高等級である耐震等級3相当の耐震壁を確保。地震から暮らしを守る、安全・安心な住宅を提供します。

家全体を一体化する耐力面材
“ ノボパンSTPⅡ ”

地震力から家の変形を抑える役目を果たす耐力壁には、一般的な軸組工法で使用する筋交に加え、各階の外壁面に耐力面材“ノボパンSTPⅡ”を全面施工。一般的な構造用合板の壁倍率が2.5倍なのに対し、ノボパンSTPⅡの壁倍率は2.9倍。家の4方を固めることにより部材接合部の局所的な破壊を抑制し、地震力を壁面全体に分散します。木造軸組工法と2×4工法のいいとこ取りをして進化したハイブリッドな構造体で、地震の揺れから家を守ります。

※ノボパンSTPⅡの壁倍率は、施工部位によって2.6・2.9・3.0倍となります。

  • 一般的な軸組工法

    柱や梁に筋交を入れる一般的な軸組み工法。「点と線」で支えるため、強い外力の場合荷重が接合部に集中しやすい。

  • 耐力面材

    壁に構造用耐力面材を用いることで、「面」で横からの力を受け止め、建物にかかる負担を分散させます。

  • 耐久性に優れたヒノキ材と
    高強度の集成材

    シロアリを寄せ付けにくく、耐久性の高いヒノキ土台を採用しています。また、柱には安定した強度を持つ高品質な集成材を採用。木材の特徴を活かし、耐震性と耐久性の高い家を実現します。

  • 通し柱の欠損を抑える
    接合金物

    一般的な木造軸組工法の通し柱は、柱の2方向に大きな穴を開けて梁を差し込む為断面強度が落ち、地震時や施工時に通し柱が折れやすくなってしまいます。エステージでは通し柱の欠損を抑える梁接合金物を採用し、通し柱の断面性能を最大限に活かす構造としています。

  • 床の変形を抑える
    剛床工法

    床梁を91cm×91cmの格子状に組み、24mmの構造用合板を梁に直接留め付ける「剛床工法」を採用。一般的な根太床工法と比べて床の変形を抑える強度が2倍になり、地震の力を建物全体に分散する効果を生むことで、耐震性が向上します。

  • 家全体を支えるベタ基礎工法

    地震に強い家づくりにこだわるエステージは、建物を底面全体で支えるベタ基礎工法を採用。地盤にかかる力を分散することで、不同沈下(建物が部分的に傾くこと)が起きにくい強固な建物を実現します。鉄筋は、徹底した品質管理が行われる工場で加工されたユニット鉄筋を使用し、基礎底盤の厚さは、150mmとする住宅メーカーが多い中、エステージでは170mmの厚さを確保し、耐震性を向上させた基礎構造としています。地面全体をコンクリートで覆うことで床下に湿気が伝わりにくくなる為、建物の耐久性も向上します。

  • 従来の布基礎

  • ベタ基礎

    ベタ基礎は、従来の布基礎に比べて接地面積が広く、基礎部分にかかる力を面で分散。強固な家を実現します。

  • 全棟に地盤調査を実施

    スウェーデン式サウンディング
    試験機による地盤調査

    どんなに建物を丈夫につくったとしても、地盤が弱ければ建物は傾いてしまいます。エステージでは、着工前に全棟地盤調査を実施。地盤が軟弱な場合は、その地盤に適した地盤改良工法を選定・施工し、建物の安全性を確保しています。

    ※地盤改良工事には別途費用がかかります。

  • スウェーデン式サウンディング
    試験機による地盤調査

地盤改良工法概念図

  • 表層改良工事

    軟弱な地盤の土にセメント系固化材を混ぜ、地盤を強化します。

  • 柱状改良工法

    家の基礎部分に沿って地面を筒状に掘削し、セメント系固化材溶液を流し込み、柱状の支持体を作ります。

  • 鋼管抗打設工法

    鋼管を家の基礎部分に沿って打設し、地中に支持体を作ります。

  • 腐食を防ぐ壁内の通気層

    外壁材と構造材の間に外気が流れる通気層を設けることで、湿気を外部に放出。結露も防ぐことができ、構造体や断熱材をカビや腐食から守ります。また、基礎パッキンを使用することで床下の隅々まで通気され、シロアリの発生を未然に防ぎ、建物の耐久性を向上させます。

INFORMATION

  • イベント 2021年9月21日 NEW!

    全予約制★10月16・17日【鹿嶋市鉢形】新築見学会 開催!

    【鹿嶋市鉢形】1000万円からはじめる家づくり 自由度の高いカスタマイズが叶うローコスト住宅 お引渡し前の内覧会

  • イベント 2021年9月10日 NEW!

    ★完全予約制★10月16・17日【 木更津市請西 】新築見学会開催♪

    【木更津市請西 】1000万円からはじめる家づくり 自由度の高いカスタマイズが叶うローコスト住宅 お引渡し前の内

  • イベント 2021年9月10日 NEW!

    ★完全予約制★10月9・10日【 富里市久能 】新築見学会開催♪

    【 富里市久能 】1000万円からはじめる家づくり 自由度の高いカスタマイズが叶うローコスト住宅 お引渡し前の内

  • イベント 2021年9月10日 NEW!

    ★完全予約制★9月25・26日【 花見川区宮野木台 】新築見学会開催♪

    【花見川区宮野木台】1000万円からはじめる家づくり 自由度の高いカスタマイズが叶うローコスト住宅 お引渡し前の

CONCEPT
コンセプト

1000万円台の家づくり

6000棟を超える施工実績と安心

低価格の理由

ぴったりの家づくり診断

LINEUP
商品紹介

CONSULTATION
お客様の声・よくある質問

資金計画のこと

家づくりパートナー

土地探しのこと

住まいのQ&A

お客様の声

ONE STEP
お知らせ・モデルハウス

イベントの
ご案内

タイプ別
イベント活用術

モデルハウスの
ご案内

バーチャル
モデルハウス