営業部 榎本 純也

家族が笑顔になれる空間作りに参加させてください!

榎本

私が一番初めに家造りを体験したのは、当たり前ですが、実家でした。

元は、祖祖父母が建てた昔ながらの瓦屋根の家でした。
祖祖父母や叔父、兄弟4人など合計12人で住んでおりました。

 

叔父の結婚などで出ていき、どんどん人数が少なくなってきた為、建物自体は少し狭くなるが建替えようという話になりました。年期も入っており個人の部屋も無かった為、私としては大喜びで賛成したことを覚えております。

 

私たち兄弟は個人の部屋が欲しい♪ 母は、対面式のキッチンで料理がしたい♪ 父は、広めのリビングでくつろぎたい♪ など、各々希望を詰め込みました。
兄弟4人で4つも子供部屋は作れないと結局2つになってしまいましたが(笑)

 

建て替えの半年間は6人家族には少し狭いアパート生活を送りましたが、建て替えが終わり、家族と家に上がった時、新しい家の野甥や、ツヤツヤのフローリング等は今でも鮮明に覚えています♪
新築の家も、兄弟ゲンカの度に傷がついていき、たまに親戚一同が集まっては飲んで騒いで汚れていき、家族とともに年数を重ねてまいりました。
それと共に、兄は地方へ転勤し、弟は一人暮らしを始めたりと、また家の中がガランとしていき、母は少し寂しそうでした。

 

私も結婚し家を出ましたが、もうすぐ2歳になる娘を連れ実家に帰ると、以前にも増して嬉しそうな顔をした両親や祖母の顔を見る事が私にとっても楽しみの一つとなりました。
そんなホッと笑顔になれる場所がある事をすごく幸せに感じます♪

 

私の考える『家』というのは、家族ひとりひとりが笑顔になれる空間だと考えています。私はこの仕事を通じて、最高の空間作りに参加できればと思っております。
お客様にとってベストな提案が出来るように、誠心誠意がんばっていきますので、宜しくお願い致します。

 

 

 

 

スタッフ紹介一覧へ戻る

▲ページトップ